2018年05月27日

【言論弾圧】竹田恒泰『およそ1日でYouTubeチャンネル登録23,000人突破しました!ご協力ありがとうございます。元の15万を目指します!』[H30/5/27]

日本の礼儀作法 宮家のおしえ [ 竹田恒泰 ]
価格: 1,404円 レビュー評価:3.0 レビュー数:3
宮家のおしえ 竹田恒泰 マガジンハウスニホン ノ レイギ サホウ タケダ,ツネヤス 発行年月:2015年11月26日 予約締切日:2015年11月24日 ページ数:271p サイズ:単行本 ISBN:9784838726844 竹田恒泰(タケダツネヤス) 昭和50年(1975)、旧皇族・竹田家に生まれる。明治天皇の玄孫にあたる。慶應義塾大学法学部法律学科卒業。専門は憲法学・史学。平成18年(2006)『語られなかった皇族たちの真実』(小学館)で第15回山本七平賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 序章 旧宮家のしつけ/第1章 食事の作法/第2章 動作の作法/第
Supported by 楽天ウェブサービス

1 名前:■忍法帖【Lv=20,キラービー,uir】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb[sage] 投稿日:2018/05/26(土)18:41:55 ID:???

竹田恒泰
? @takenoma
【言論を守る戦い】およそ1日でYouTubeチャンネル登録23,000人突破しました!
ご協力ありがとうございます。
元の15万を目指します!姑息な言論弾圧は許せません。
不死鳥のように蘇り、このような言論テロが無意味であることを示したいと思います。

午後11:56 ・ 2018年5月25日

https://mobile.twitter.com/takenoma/status/1000027751514976256

https://twitter.com/takenoma/status/1000027751514976256

−−−−−−−−
【お知らせ】
偽テンプレを貼る荒らしが現れましたら
通報協力をお願い致します。
−−−−−−−−
続きを読む
posted by po06xswr at 12:31 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2018年05月26日

【水産庁】漁業権の優先順位を廃止 企業に開放も[H30/5/25]

3時間でわかる漁業権 [ 加瀬和俊 ]
価格: 1,296円 レビュー評価:0.0 レビュー数:0
加瀬和俊 筑波書房サンジカン デ ワカル ギョギョウケン カセ,カズトシ 発行年月:2014年11月 ページ数:121p サイズ:単行本 ISBN:9784811904528 加瀬和俊(カセカズトシ) 1949年千葉県生まれ。東京大学経済学部卒業。同大学院経済学研究科博士課程中退。東京水産大学助教授。東京大学社会科学研究所助教授、教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) 第1部 歴史編(原初的な浜の利用形態(原理)/近世の浜の利用形態/1901年漁業法 ほか)/第2部 制度編(漁場利用の全体/許可漁業(遠洋・沖合中心)/許可漁業と漁業権漁業 ほか)/第3部 運用・実態
Supported by 楽天ウェブサービス

1 名前:■忍法帖【Lv=20,キラービー,uir】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb[sage] 投稿日:2018/05/25(金)16:38:34 ID:???
毎日新聞/最終更新 5月25日 10時43分

世界の養殖業生産量は右肩上がりだが、日本は90年代から減少している
 水産庁は24日、養殖業への企業参入を加速し、水産業を成長産業とする改革案を発表した。地元の漁業協同組合に
優先的に付与してきた漁業権の優先順位を廃止し、有効活用されていない漁場を洗い出して企業向けに開放する。
政府は6月にまとめる「骨太の方針」に盛り込む方針だ。

 改革案は漁業権の免許について、地元漁協を最優先すると定める現行の漁業法などの優先順位の規定を廃止する。
代わりに「水域を適切かつ有効に活用している場合は、その継続利用を優先する」との基本方針を法改正で明記する。
漁場を有効利用していない場合は漁業権の取り消しも行う。漁場の利用状況を理由に漁業権の取り消しを認めるのは、
今回が初めてとなる。

 日本の漁獲量は1984年の1282万トンをピークに、2015年には469万トンまで減少。
漁業者数も20年間で4割以上減った。特に沿岸漁業では平均所得が200万円台と低迷し、後継者不足が問題になっている。
世界では急速に養殖の生産が拡大しており、20年間で3・4倍に増える一方、日本では94年をピークに減少している。

 養殖には都道府県知事が付与する漁業権が必要だ。
小規模漁業者でつくる漁協に最優先で漁業権が割り振られてきたため、技術革新や規模拡大が進まないとの指摘があった。
漁協優先の漁業権のあり方が見直されれば、企業が漁業権を取得しやすくなり、長期的な経営計画を立てられるようになる。
水産庁は漁場の利用状況について初の実態調査も実施し、企業の参入余地を探る。

 改革案は漁協の情報公開も規定した。「漁業権行使料」「協力金」などの名目で組合員から集めている徴収金が、
新規参入を目指す企業には高額に設定される可能性があるなど「不透明」との批判があったためだ。また、
組合員の貯金など金融事業を扱う信漁連などには、公認会計士の監査を導入。漁協役員には販売のプロを入れるよう
関連法を改正して、販売力強化を目指す。

 一方、さまざまな魚種が減少していることから、資源管理を強化する。これまで、ごく一部に限られていた漁獲枠の
数量管理の対象魚種を拡大し、漁業者には水揚げ後、速やかな漁獲量の報告を義務づける。罰則や割り当て削減などの
ペナルティーも導入する。(以下略)

https://mainichi.jp/articles/20180525/k00/00m/020/159000c
−−−−−−−−
【お知らせ】
偽テンプレを貼る荒らしが現れましたら
通報協力をお願い致します。
−−−−−−−−
続きを読む
posted by po06xswr at 15:23 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2018年05月25日

【北朝鮮問題】 (米朝首脳会談 6月12日開催せず トランプ大統領が書簡) 米朝首脳会談中止の理由は「北朝鮮側の相次ぐ約束違反」 米政府高官 [H30/5/25]

テレビに映らない北朝鮮 (平凡社新書) [ 鴨下 ひろみ ]
価格: 928円 レビュー評価:0.0 レビュー数:0
平凡社新書 鴨下 ひろみ 平凡社テレビニウツラナイキタチョウセン カモシタ ヒロミ 発行年月:2018年03月17日 予約締切日:2018年03月15日 ページ数:272p サイズ:新書 ISBN:9784582858709 鴨下ひろみ(カモシタヒロミ) フジテレビ報道センター室長兼編集長。東京外国語大学朝鮮語科卒業。韓国延世大学大学院修士課程修了。1987年にフジテレビ入社後、外信部、政治部、香港支局(97?2000年)、ソウル支局(04?09年)、北京支局(12?17年)を経て現職。「報道2001」「FNNスーパーニュース」では番組制作に携わる。北京駐在中、インターネット放送ホウドウキョク
Supported by 楽天ウェブサービス

1 名前:■忍法帖【Lv=20,キラービー,uir】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb[sage] 投稿日:2018/05/25(金)11:19:47 ID:???

5/25(金) 9:19配信 AFP=時事

【AFP=時事】ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領が6月12日に予定されていた北朝鮮の金正恩
(キム・ジョンウン、Kim Jong-Un)朝鮮労働党委員長との首脳会談を中止した理由は、北朝鮮側の相次ぐ約束違反だった
と米政府高官が24日、明らかにした。

 ホワイトハウス(White House)の高官は匿名で「(北朝鮮側の)度重なる約束違反が米国をちゅうちょさせた」と述べた。

 この高官は「トランプ大統領は可能な限り外交交渉を続けていく意向だ」と述べた。トランプ大統領は
金委員長に宛てた会談の中止を伝える書簡の一言一句を口述筆記させたという。

 高官は北朝鮮側がシンガポールで行われる予定だった米国側との準備会合を無断欠席したことに言及し、
「信義誠実の深刻な欠如」と指摘した。
「米国側はひたすら待ったが北朝鮮側は姿を現さなかった。
北朝鮮側は連絡すらよこさず、われわれに待ちぼうけを食らわせたのだ」

 ホワイトハウスは北朝鮮の米韓合同軍事演習に対する抗議と、南北閣僚級会談を突然中止したことも、
北朝鮮が米朝首脳会談に向けて約束したことの違反とみなしている。

 高官は北朝鮮が核実験場の廃棄への国際監視団の立ち会いを認めなかったことで、さらに信頼が損なわれたと指摘している。

(以下略)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180525-00000007-jij_afp-int

関連記事
>米朝首脳会談 6月12日開催せず トランプ大統領が書簡
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180524/k10011451421000.html
−−−−−−−−
【お知らせ】
偽テンプレを貼る荒らしが現れましたら
通報協力をお願い致します。
−−−−−−−−
続きを読む
posted by po06xswr at 16:52 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする