2018年05月31日

【政治】 社会保障は年齢ではなく“経済力”で 小泉進次郎氏 [H30/5/30]

【決定版】手続きだけで「お金」が得する 社会保障の本 安心&便利な制度一覧 (知的生きかた文庫) [ 小泉 正典 ]
価格: 745円 レビュー評価:0.0 レビュー数:0
安心&便利な制度一覧 知的生きかた文庫 小泉 正典 三笠書房ケッテイバンテツヅキダケデオカネガトクスルシャカイホショウノホン コイズミ マサノリ 発行年月:2017年07月22日 予約締切日:2017年07月20日 ページ数:224p サイズ:文庫 ISBN:9784837984825 『手続きだけで「お金」が得する社会保障の本』加筆・改筆・再編集・改題書 小泉正典(コイズミマサノリ) 特定社会保険労務士。1971年、栃木県生まれ。明星大学人文学部経済学科卒。社会保険労務士小泉事務所代表、一般社団法人SRアップ21副理事長・東京会会長。専門分野は、労働・社会保険制度全般および社員がイキイキと働
Supported by 楽天ウェブサービス

1 名前:■忍法帖【Lv=20,キラービー,uir】 第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb[sage] 投稿日:2018/05/30(水)10:37:42 ID:???
(2018/05/29 18:55)

 小泉進次郎議員らが社会保障制度の抜本的な改革を訴えました。

 自民党・小泉筆頭副幹事長:「50歳以上の方々が(人口の)5割を超える年が2024年、
今から6年後にくるわけです。抜本的に社会保障の在り方、これを再構築する必要があると」

 自民党がまとめた提言では、年金の受給開始年齢を70歳以降も選択できるよう求めた議論を踏まえ、
「柔軟化」を政府に求めています。また、医療費の負担については、年齢ではなく経済力に応じた…(以下略)

http://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000128363.html

[別ソース]
「定年ない社会を」高齢者の定義見直し 自民・小泉氏ら提言
018/5/29 18:00
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO3109969029052018PP8000/

2024年 50歳以上5割超 自民が社会保障の抜本改革求める
5月29日 15時05分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180529/k10011457001000.html

−−−−−−−−
【お知らせ】
偽テンプレを貼る荒らしが現れましたら
通報協力をお願い致します。
−−−−−−−−
2 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2018/05/30(水)10:43:13 ID:zfS
相変わらず悪党だな。
内部留保には絶対に触れない。
3 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2018/05/30(水)11:20:18 ID:HcY
親父そっくりで視野が狭いな、この小僧は
総理になるのは20年早いわ
4 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2018/05/30(水)12:04:18 ID:W1o
これは正論
医療関連の過度な優遇にはもっと切り込まないと
5 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2018/05/30(水)12:07:02 ID:HcY
>>4
医療費に累進性を持たせることに賛成?
アホかいなw
12 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2018/05/30(水)13:50:20 ID:4qI
>>5
所得格差に応じて高度医療の自己負担額変えるのなんて
制度設計上普通。程度の問題を過大に強調して働いたら負けとか、
弱者は満足な医療を受ける資格なしとか何というか・・・
14 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2018/05/30(水)14:33:49 ID:1Ch
>>12
高度医療?
お前意味わかって書いているか?
どこの国の普通なんだよ
保険料で既に累進性が適用されているのに、さらに受診した時の医療費にも適用するとか、手続きが煩雑になって実用的じゃない
6 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2018/05/30(水)12:14:23 ID:6C3
そもそも社会保障の設計がもう古くなってるってのは確かなんだがね
だがどうにも先に手をつけないといけない部分を等閑にして手を付けやすいとこから削ろうと言うのは気に入らない

あとこいつ副幹事長筆頭なんだな。次の次の首相の座を確実に狙ってくるから気をつけんといかんね
7 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2018/05/30(水)12:15:54 ID:YX5
じゅーなんせーとか言うの簡単だけど
それ調べるのにもまた金掛かるよな?
8 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2018/05/30(水)12:19:05 ID:HcY
そう、進次郎の発言は抽象的で裏付けがない
一端の平議員なのに、思いつきに毛の生えたような段階で、ペラペラ喋るのは如何なものか
9 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2018/05/30(水)12:19:24 ID:OM5
働けば働くほど負担が増える働いたら負けな仕組みにしちゃうの??

社会保障を抑えたいなら弱者様に制限つけるしかないと思うんだけど
11 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2018/05/30(水)12:24:58 ID:HcY
>>9
誤魔化してナマポを受給している者も、額に汗して必死に納税している者も同じ一票。
おまけに、税金、保険料ばかりか、同じ受益の医療費負担まで累進性を導入したら、真面目に働くのが馬鹿馬鹿しくなるわな。
10 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2018/05/30(水)12:21:24 ID:fpH
厚労の酷さは財務に続くレベル
13 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2018/05/30(水)13:54:48 ID:Y9T
そういや、イギリスでは年寄りが負担して若者に一時金をって話あったね
15 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2018/05/30(水)14:36:25 ID:1Ch
在日韓国人の7割が無職と言われ、そいつらは無料で医療が受けられる
その負担は、国庫、企業、納税者に重くのしかかっている。

医療費を取るなら、むしろナマポから取るのが先だろうに。
16 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2018/05/30(水)14:38:14 ID:1Ch
世界に類を見ない国民皆保険制度が崩れるとしたら、子沢山の無職の外国人が増えすぎた時だろう
17 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2018/05/30(水)14:43:38 ID:Gwx
確かに、高度先進医療ならあるが高度医療なんて言葉はないな。
生活保護受給者からも、100円とか定額で払わせた方が、色々な意味で良いかも。
18 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2018/05/30(水)14:49:19 ID:g9E
表に出ない収入がメインなあの国の方々は歓喜
19 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2018/05/30(水)14:53:00 ID:1Ch
>>18
全くだ
やらずぶったくりのあの奴らが、医療費年金や福祉の財政を圧迫している事は紛れも無い事実。
20 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2018/05/30(水)14:54:35 ID:1Ch
>>18
追加すると、奴らがマイナンバーに猛反対しているのも、収入が表に出て困ることが沢山あるからだろう
21 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2018/05/30(水)18:33:23 ID:nzG
あの頃は親父の「努力した人が報われる」に騙されたひと多かったが、
もう二度はない。
いまの若者はネットあるから誰が終身雇用なくした張本人か知ってるぞ。
みんな派遣で転職しながら趣味に勤しんで暮らしたいとか思ってるわけねえだろ。
22 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2018/05/30(水)20:20:14 ID:x4c
またウケ狙いの糞ガキが。
そんなことしたら、かの国の国籍を持つ連中が大喜びするだけだって猿でも分かる。
それともこいつはあちらの工作員か?
普段の言動を見ていると、そうとしか思えん。
24 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2018/05/31(木)06:11:47 ID:cHt
>>22
国会議員の言葉は一般人の愚痴よりずっと重いと理解してないんだな。
23 名前:埼玉のサラリーマン◆sfVujU9KsLCf[sage] 投稿日:2018/05/30(水)23:26:57 ID:M3C
生活保護者は社会保障なしくらいまで言ったんか?
25 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2018/05/31(木)07:20:52 ID:m0n
沢山払った人は沢山返してもらうのは普通だろ

なんで少ししか払ってないのに充分な生活保障を期待するんだ?
26 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:2018/05/31(木)07:51:58 ID:FYx
進次郎って基本的に緊縮なのか
27 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:2018/05/31(木)10:06:46 ID:gJH
いまの老人は十分払ったのによけいな外国人の分まで
払わされてるよ。
しかも1円も払ってない連中がまさしく「十分」受け取ってる。
日本人の老人にばかり目を向けるなよ。


元スレ:http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1527644262/
posted by po06xswr at 13:45 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: