2020年05月24日

老舗「コロナ食堂」中傷に苦しむ [2020/05/23]

ウイルスに負けない生き方新型コロナウイルスの真実【電子書籍】[ 刈谷真爾 ]
価格: 1,584円 レビュー評価:0 レビュー数:0
<p>■内容紹介</p> <p>最新情報に基づき緊急出版!!</p> <p>新型コロナウイルスで死なないために……<br /> COVID-19で世界が変わった!<br /> 間違いだらけの報道、勘違い、パニック…</p> <p>あなたの誤解を解き、命を救う一冊!!</p> <p>コロナウイルスに関する基礎知識、</p> <p>その危険性や予防策、</p> <p>死を回避するためにやるべきことを解説。</p> <p>根拠のないデマやうわさに惑わされず、<br /> まずはコロナウイルスの真実を知り、<br /> ひとりひとりが冷静で正しい判断と行動を!</p> <p>★4/6時点の最新データを
Supported by 楽天ウェブサービス

1 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:20/05/24(日)08:31:10 ID:???
※老舗「コロナ食堂」に無言電話、ネット中傷…店主「耐えるしかない」 長野
(毎日新聞) 2020/05/23 17:26

 地域住民から「コロナさん」の愛称で親しまれている老舗の食堂
「味蔵コロナ食堂」(長野県佐久市臼田)が、新型コロナウイルスの
感染者が増えてきた3月ごろから嫌がらせに苦しんでいる。無言電話が
かかってくるようになり、インターネット上に心ない書き込みが増加。
3代目店主の須藤仁志さん(42)は「新型コロナと店名は全く関係
ない。耐えるしかない」と唇をかむ。【坂根真理】

 旧日本軍で炊事を担当していた祖父が、「子どもたちが甘いものに
飢えているだろう」と、1944年に甘味処(どころ)「コロナ」を
創業した。太陽の表面を覆うガスの層「コロナ」が店名の由来という。
事業を継いだ2代目の父が食堂にシフト。店名を「味蔵コロナ食堂」に
改め、70年以上、おなかをすかせてやって来る人たちの胃袋や心を
満たしてきた。

 異変が起きたのは2020年3月ごろ。頻繁に無言電話がかかって
くるようになり、インターネット上には「こんな名前のお店に入りにくい」
などといった冷やかしの書き込みが目立つようになった。看板の写真だけ
を撮影し、ケラケラと笑いながら立ち去っていく人もいたという。

つづき→https://news.goo.ne.jp/article/mainichi/region/mainichi-20200523k0000m040186000c.html
2 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:20/05/24(日)09:26:09 ID:???
湯沸かし器のメーカーも困ってるだろうね。
王冠とかそういう意味じゃなかった?
3 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:20/05/24(日)12:17:54 ID:???
そもそもコロナウイルスは只の風邪なのにコロナウイルス科ベータコロナウイルス属の新型もといSARS-2型をコロナと呼ぶのが誤りなんだよ
4 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:20/05/24(日)12:21:23 ID:???
コロナストーブに当たりながらコロナビール飲んでたのに…そんなことしやがるやつがいるのかよ
5 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:20/05/24(日)12:43:42 ID:???
コロナ社のテキストも読んだことない無知蒙昧に違いない
6 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:20/05/24(日)14:08:39 ID:???
朝日と毎日の記事は信じていない
記事自体にヤラセ感がハンパない

記事になりそうなことを無理矢理探して作り出したってところじゃないか?


元スレ:http://hayabusa3.open2ch.net/test/read.cgi/news/1590276670/
posted by po06xswr at 14:45 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: