2021年02月28日

【社会】なぜ日本は「一億総中流」を捨て、「新自由主義」の格差社会を選択したのか? [R3/2/28]

新自由主義の暴走 格差社会をつくった経済学者たち [ ビンヤミン・アッペルバウム ]
価格: 4,290円 レビュー評価:0 レビュー数:0
格差社会をつくった経済学者たち ビンヤミン・アッペルバウム 藤井 清美 早川書房シンジユウシュギノボウソウ アッペルバウム ビンヤミン フジイ キヨミ 発行年月:2020年12月17日 予約締切日:2020年10月13日 ページ数:576p サイズ:単行本 ISBN:9784152099891 アッペルバウム,ビンヤミン(Appelbaum,Binyamin) 『ニューヨーク・タイムズ』の社説面に経済やビジネスに関する論説を書いている。2010年から2019年まで同紙ワシントン特派員を務め、2008年危機後の経済政策について取材、報道した。その前は『ワシントン・ポスト』『ボストン・グローブ』『
Supported by 楽天ウェブサービス

1 名前:■忍【LV23,ほうおう,9C】第13艦隊◆IpxlQ2BXrcdb[] 投稿日:21/02/28(日)05:27:13 ID:???

風俗嬢やAV女優を長く取材してきたノンフィクションライターの中村淳彦さんが貧困問題にたどりついたのはいわば必然のことでした。
そして、貧困をめぐる取材を進めると必ずぶつかるのが「新自由主義(ネオリベラリズム)」の問題だったそうです。
しかし、「ネオリベラリズム」という単語を聞いたことがあっても、その内実を知る人は多くないかもしれません。
中村さんと政治学者の藤井達夫さんが「日本におけるネオリベラリズムの実状」を解き明かす『日本が壊れる前に 「貧困」の現場から見えるネオリベの構造』(亜紀書房)から抜粋してお届けします。

(中略)

中村 我々団塊ジュニア世代が生まれるあたりのオイルショック時におけるアメリカからの圧力でネオリベの芽が生まれた。
    でも、僕を含めて一般的に知られているネオリベ路線への転換は、小泉純一郎首相と竹中平蔵大臣による構造改革や経済政策でしょう。
    それ以前になにがあって、どうして小泉、竹中路線へとつながったのでしょうか。

藤井 それについては、まず、中曽根内閣のときの三公社(専売公社、日本電信電話公社、日本国有鉄道)の民営化を挙げる必要があるでしょう。
    非自民党で作られた細川内閣(一九九三年八月〜一九九四年四月)の時点で、すでに労働の規制緩和は行われていました。
    アメリカは八〇年代から経済・産業政策がネオリベ化し、日本に強い圧力をかけるようになった。
    アメリカ自身も、それまではさまざまな産業が規制で守られてきたのに、レーガン政権以降、その規制を国内外で取っ払っていった。

中村 国際的な大きなうねりがあって、日本も同調せざるをえなかった。

藤井 そうですね。そしてアメリカ自体が、貿易赤字と財政赤字という双子の赤字を持っていて、それらを削減しながら、経済成長をしなくてはいけなくなった。
    実は、レーガン政権は弱体化したアメリカを立て直すためにネオリベ的政策を導入した結果、かえって長年アメリカを苦しめることになるこの双子の赤字を増やしてしまったんですね。

中村 アメリカはネオリベを基調にポスト工業化を成功させたことで経済成長できたが、日本はデフレがとまらず、格差も広がり、国民を貧困化させてしまった。

藤井 そう言えると思います。アメリカは国内の規制を徹底的に緩和すると同時に、国家同士の規制も緩和するように迫ってきた。
    アメリカは日本にも市場を開放しなさい、つまり規制を取っ払え、と言ってきたのです。

中村 規制を取っ払って市場開放してグローバルになれば、顧客の層が広がりますね。国際的な競争がはじまって、勝つことができれば大きな利益が見込める。
    日本はそれに抗することはできなかったのでしょうか。どうして規制緩和をせざるをえなかったのでしょう。具体的にアメリカは誰にプレッシャーをかけるのですか。

藤井 プレッシャーはいろんなレベルであります。基本的には日米通商協議がずっと続いていますから、たとえば、その会議のなかで日本政府にアメリカの意向が直接伝えられます。
    もう一つアメリカがやっているのは、ネオリベ政策を推進する人やシンクタンク、政治家とコネクションのある学者を、日本政府に登用させることです。彼らをとおして日本政府そして世論を変えていくのです。

中村 御用学者ですか。

藤井 アメリカの息のかかった御用学者ですね。

中村 アメリカが日本の学者にどうつながって、どう息をかけるのでしょう。

藤井 コネクションを作るんですよ。たとえばイェール大学で学び、そこでアカデミックな師弟関係ができた日本人学者を帰国させ、日本の大学に勤めさせると同時に、政府の専門員会に登用するとか。
    外からは政府間の交渉会議をとおしてアメリカの要求を突きつけ、政府の重要な経済政策立案者にアメリカのネオリベを学んだ人を登用させる。
    そうすることで日本政府を内側からネオリベ化させていくのです。

(全文はソースにて)
https://www.gentosha.jp/article/17655/

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
!jien =お知らせ=
【アク禁依頼・解除】は「政経雑談スレ」に連絡を入れて下さい
*侮蔑語・煽り・不毛なレスバトル・レッテル貼り連呼・下品な発言・不快なaa
・会話不能などがアク禁対象です   (アク禁依頼・解除はレス番で!!)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
2 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:21/02/28(日)06:00:37 ID:UJ.s3.L13
(下級)国民の側から、日本の政治を眺めてみましょう。

1985年、日本政府は、自国の雇用を空洞化させる為替操作(プラザ合意)をしました。
この結果として、日本企業は国内での物作りを断念し、理系の国内雇用はIT派遣とヘッジファンドだけになりました。
その後、理系の大卒の酷い雇用環境から推察された通りに、就職氷河期になりました。

で、日本の理系・技術者国内雇用が壊滅したため、
日本政府は、非正規からホームレスや精神障害者になった旧理系国民を殺害し、
ブラジルや中国、ベトナム、ネパールから移民させています。
3 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:21/02/28(日)06:04:32 ID:UJ.s3.L13
理系大卒のバブル期の雇用環境は、特に酷く、
折角、物作りのための勉強をしてきたのに、

雇用は、大企業はゼロ、大企業傘下のIT派遣でも上等でした。
で、雇用されても、能力制で、評価されなければ、1年で、下請けに出向。
海外単身長期赴任環境も酷く、ほとんど結婚もできず子供も残せませんでした。
4 名前:名無しさん@おーぷん[sage] 投稿日:21/02/28(日)06:09:58 ID:qI.7e.L1
一億総中流って経済が豊かじゃないと出来ないからね
完全猥褻生命体

完全猥褻生命体【電子書籍】[ 鳴釜 修 ]
価格:680円

正木隆はどの女にも執着したことがない。同情や共感といった感情が殆どないサイコパスな男。人間などは毎年再生産されるのだから、個別の生命体に執着する必要はないと考えていた。
しかし、味わい尽くすことのできない完全猥褻生命体と出逢い、一生接触したくなる。

5 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:21/02/28(日)07:25:08 ID:qp.wv.L1
こういう議論を出した点で、海外金持ち移住&金持ち優遇を止めてく話だな。
具体的には所得税率増の話から、消費税増のどちらが良いかの流れかな?
大体、日本企業の米支他の外国人役員は本国に資産・別役職もあり、移住ではなく単なる出稼ぎ就労でしかない。
また金は天下の廻りモノからの昨今のグローバルな金の循環から、国内の円の循環論・持ち出し制限などにも発展するだろ。
6 名前:長田蔵六[] 投稿日:21/02/28(日)08:33:49 ID:oj.ys.L1
「一億総中流」は、冷戦時代のマスメディアを支配する《資本家》が。自民党を支持する自己正当化の為に、中産階級を巻き込んで。労働者階級を洗脳しようとした、『レッド・ミラージュ』{巨大な幻覚}だったのでしょう。
それが冷戦が資本主義の勝利に終わり、化けの皮が剥がれた共産主義えの失望が広がり。
其の共産主義えの失望から労働者階級の目をそらす為、日本共産党と其の隠れ活動家が考え出したのが。
【ネオ・リベラリズム】との?労働者階級の闘争?と言う《ネオ・レッド・ミラージュ》{新たな巨大な幻像}
だったのでしょう。だからグローバリズムにのってチャイナでも格差が拡大した事を取り上げ無いのでしょうね。
7 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:21/02/28(日)08:51:10 ID:iH.4c.L15
終身雇用を捨てて、労働力の流動化をしたので、経済状況も流動化した。
昔は無能でも就職さえできれば定年退職まで定額の給与と、昇給があったから長期ローンで高額商品の購入もできた。
今は明日の雇用も不安定だから、長期ローンで高額商品の購入なんかできない。
そうして経済は低迷してゆく。
8 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:21/02/28(日)09:06:33 ID:my.wx.L1
小泉・ケケ中路線が明確な分岐点
10 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:21/02/28(日)09:57:06 ID:Qi.2o.L1
>>8
まず、小泉ケケ中に聞くべきだよなあ。
日本人はその結果民主党政権を選択してしまうという苦い経験があるんだよ。
9 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:21/02/28(日)09:55:11 ID:HJ.t3.L1
自由主義的格差(弱肉強食)ではなく社会主義的格差(政府の意向)なんだよなあ・・・
11 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:21/02/28(日)10:00:50 ID:bF.pd.L1
あの時点で、ネオリベを受け入れるか否かって、ハル・ノートを受け入れるか否かみたいなもんだろ
12 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:21/02/28(日)12:38:34 ID:W0.sy.L7
パヨがゴリ押ししてるから
13 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:21/02/28(日)13:15:27 ID:vo.ys.L1
年功序列の終身雇用は
高齢者を頂点とした人口ピラミッドが成立してないと維持できない
年功序列も終身雇用も無くなったら
労働者が滅私奉公する意味が無くなる
滅私奉公しても報われないからね
新自由主義になったのは人口動態による自然な帰結でしかない
14 名前:ワルキューレ◆iYi...i.lI[sage] 投稿日:21/02/28(日)13:21:44 ID:FX.xp.L1
安全保障をサボって経済に邁進しすぎた結果、日本国民と大企業の利害が一致しなくなった
今現在チャイナをぶっ壊そうとしてるのと同じ理由で、アメリカに日本経済を壊す動機があった
大蔵省/財務省が最悪のタイミングで最悪の選択肢、バブル崩壊後に消費税を上げた
案の定デフレ。更に政策失敗を重ねた
デフレ中に緊縮、不景気なのに非正規雇用、通貨安戦争を傍観、国内産業の海外逃避を傍観、
大震災後に増税、原発停止とソーラー利権で電気代↑、消費増税、消費増税
15 名前:名無しさん@おーぷん[] 投稿日:21/02/28(日)14:25:38 ID:lQ.s3.L17
>>1を書いたのが「風俗嬢やAV女優の貧困問題を追及してきたライター」とか

なんか前川助平を思い出すんだが…


元スレ:http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1614457633/
posted by po06xswr at 21:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: